軽トラからターボ車が消えた理由

以前は軽トラックを販売している3つの自動車会社からターボつきモデルの軽トラが販売されていましたが、近年ではその数も減少傾向です。皆さんはこの理由知っていますか。

まず、スズキのキャリイにターボモデルがあり、当時60馬力を誇る軽トラックがありました。しかし、このスズキのキャリイも2000年にターボつきモデルの軽トラの販売を終了しています。同じようにダイハツのハイゼットもターボつきモデルからターボを排除したモデルにモデルチェンジをしています。

これには理由があります。まず、1999年に軽自動車の安全基準が変更されました。その際、車体が以前より大きくなり、この時に問題になったのが排ガス規制です。車体を大きくすることができるようになった分、排気ガスの規制に引っかかるようになります。

そこでスズキはエンジンの出力を下げ排出ガスの量を減らしたターボモデルを販売しましたが、売れ行きが悪くメーカーが期待していたほどは売れませんでした。「この理由はなぜだと思いますか?」答えはものすごく単純です。軽トラの用途は、農具の運搬や左官工具の運搬に使用するいわゆる仕事を補助する際に使用する車で、スピードが出ることよりも燃費や価格を優先して購入します。

田植えで稲を乗せている軽トラターボモデルを購入する際20万円の差があった場合ターボの無いモデルを購入するわけです。

他にもパワーがあだとなるケースもあります。ターボ車のよい点はパワーですがそのパワーが時として邪魔になることもあります。

田舎の砂利道や泥道だとパワーがある車は滑りますし、ましてやお年寄りの農作業を補助してくれる軽トラにパワーは必要ないのです。ですから軽トラからターボ車が消えていったという訳です。

ターボモデルは無くなったが安全性は向上

では、逆に今の軽トラに装備されているものはどんなものかというと誤発進抑制機能です。この機能はアクセルとブレーキを踏み間違えた際、踏み込み方をセンサーが判断して急な加速を防いだりする機能のことでアクセルを急に踏み込んだ際などに車が急発進するのを防ぐ機能です。

追突事故のイラストダイハツの場合はハイゼットに装備されていて、スズキだとスーパー キャリイに搭載されている機能です。

軽トラを使用する方には高齢者が多いのでアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を減少させる目的として装着されている機能です。

他にもダイハツでは衝突を未然に防ぐために、カメラを搭載して横断している対象となる人物と自車との距離を測り自動でブレーキを踏み衝突を回避するシステムなどを導入しており、軽トラはいまや安全を重視して運転できる乗り物としての地位を確立しており、パワフルな走りを求める自動車ではなくなりつつあります。

ターボ車はメンテナンスも大変なことも不人気の理由

特にメンテナンスなどの際もターボ車ですとターボタービンの清掃なども本来であれば定期的にしないとターボのパワーが落ちてしまうので面倒な点もあり、人気がいまひとつ伸びなかった理由のひとつです。

また排気圧を利用して無理やり空気をエンジン内部に加給する過給機であるターボは、自然吸気システム(ターボのついていないエンジン)のエンジンと比べエンジン内部にかかる圧力も高いことから故障が多く、特にオイル交換などのメンテナンスをまめに行っていないと様々な不具合が発生しやすいのです。

現状では、ターボつきの軽トラックを購入する方法は中古で古いターボつきの軽トラックを購入するしか方法はありませんが、軽トラックは古いものでも人気のある車種は高いので後からターボをつけるといった方法もあります。

こちらは自動車の改造となり専門の業者さんにお願いして現行の軽トラックにターボを装着してもらうサービスですが、そこまでしてターボつきの軽トラックがほしいかといわれると疑問です。

だったらミニバンの軽自動車で良いじゃないかということになりますよね。もしくは、四駆車(4WD)だとパジェロミニとかジムニーとか選択肢も多いですし、何も軽トラックに乗らなくても良いじゃないですかということになります。

以上が軽自動車からターボつきモデルが消えていった理由となりますが、現状を考えるとこれからもターボつきモデルの軽トラが出ることはまずないでしょうね。顧客のニーズにあっていませんから。

軽トラックにFF駆動が無い理由 軽トラにはどうして前輪駆動車がないの?

軽トラックは様々な会社から発売されており駆動形式も様々です。では軽トラックにどのような駆動形式が採用されているかと言うとまず代表的なのはFR駆動形式です。これはエンジンを前方に置き後輪を回して進む形式です。主な軽トラックに採用されているものであれば、スズキのキャリイ、ダイハツのハイゼットトラック、ミゼット2等があります。

次に上げられる駆動形式としてはMR駆動形式で代表的なものはホンダのアクティトラックなどです。MR駆動の特徴はホンダのアクティの場合ですとエンジンが荷台の下にあり、エンジンは車体の真ん中より後ろにあるのが特徴です。

最後はRR駆動形式です。代表的な車はスバルから販売されていた2012年3月までのサンバートラックがRR駆動です。RR駆動の特徴はサンバートラックの場合ですと、荷台の後ろぎりぎりにエンジンが搭載されています。

ここでお気づきの方がいらっしゃるかもしれませんがFF駆動はどうしたと思った方がいると思います。ですがFF駆動は軽トラックやトラックの場合、論理的に考えると意味がありません。それどころかデメリットが表面化してしまいます。その理由を説明しますと、トラックは後ろの荷台に荷物を積み込みます。その際に重心が後ろによります。前が回転するFF駆動方式ですと前方のタイヤの回転は前側が浮くことになるのでロスしてしまいます。だから、効率的にトラックの後ろに物を載せて走る駆動方式はFR,MR,RR駆動になるのです。

じゃあ、前方を重くすればFF駆動でも走れるのではないかと考えた人も昔の人の中にはいました。ですが、軽自動車と言う分類で前方を重くするのにはリスクがあり、ただでさえ小さなエンジンでエンジンの容量も660cc以下の大きさと決められていますので錘を積んで重くすることにメリットはありません。ですから、軽トラック、またはトラックにはFF駆動が無いのです。

2WDと4WD駆動の必要性

軽トラックが後輪駆動なのはこれで分かったはずです。では4WD,四輪駆動は何故必要であるかをお話しましょう。軽トラックやトラックでの四輪駆動の必要性は悪路走行の突破効率のよさにあります。ぬかるんだ泥道では後輪だけが回っている車よりも前方のタイヤも一緒になって回ってくれた車のほうがぬかるみを突破しやすいのです。

前方のタイヤが回ることにより推進力が生まれますし後輪が回ることでも推進力が生まれます。どちらか一方がぬかるみから抜け出せばその分さらに推進力が生まれるのが四輪駆動の特色です。後輪駆動だけだと、後輪が抜け出さない限り何時までたっても泥沼の中にいるままです。

しかし、四輪駆動はデメリットもあります。一つはハンドリングが重くなることと、4つのタイヤすべてを回転させるため摩擦傾向が増え速度が低下し燃料の消費が増えるという問題です。その問題を解決する為に軽自動車では四輪駆動と二輪駆動を切り替えられる仕組みを導入した車が多くあります。この切り替えられる仕組みを導入したことで悪路走行以外は後輪のみの駆動で走り燃費とハンドリングを向上させて走り、悪路では四輪駆動に変更することで、悪路の突破性能を向上させることが可能です。

軽トラックは農家の方や植木職人土木職人の方も使用しますのでこういった、車の特性を変更させる機構という物は必要不可欠になります。農家の方は畑仕事や森林の伐採などで足場の悪いところを走る場合もありそういった場合は四輪駆動で走れる自動車が望ましく、普通の舗装された道路を走る際は二輪駆動が望まれるのはそのためです。中には駆動形式を変更できないタイプの軽トラックもありますが、そういったトラックはそれぞれの使用方法にあった道路を走る為に設計されていますので購入する際には注意して購入しましょう。

意外といいかも?軽トラックを所有している時に感じるメリット

日常生活の中で車が必要な人も多いでしょう。基本的には普通車を所有する事が多いですが、地方在住の人は軽トラックを所有して上手に活用している人もいます。

イメージで判断してしまうと普通車を所有していた方がいいという意見も多いですが、軽トラックを所有している方が良い部分もあるのです。そこで軽トラックを所有している時に感じるメリットをいくつか挙げていく事にしましょう。

軽トラは荷物をたくさん積める

日常生活の中で荷物を運搬する事もそれなりにあるでしょう。普通車でも荷室があるので荷物を少し積む事は出来ます。しかし荷物が多くなってしまうと普通車では対応する事が出来なくなってしまいます。

それで困ってしまう事もありますが、そのような時に軽トラックを所有しているとすごく助かります。軽トラックは荷台があるので荷物を多く積む事が出来ます。

日常生活の中で荷物を運搬する事が多い人は軽トラックを所有しているとすごく便利だと感じます。

軽トラは税金が安い

普通車を所有していると自動車税がかかるので毎年支払わなければいけません。特に大型のミニバンなどを所有していると税金が高くなってしまうので経済的に負担がかかってしまう事も多いです。

しかし軽トラックは軽に分類されているので自動車税も安くなります。日常生活の中で発生する出費の中で自動車税も負担が大きいと感じる事が多いので安くなるのは大きなメリットになります。自動車関係の出費を少しでも抑えたい人は軽トラックを所有するのも一つの方法です。

軽トラは燃費が良い

大型のミニバンや普通のトラックなどは車体が大きいので走行している時に燃料消費が多くなってしまいます。基本的に燃費が悪いのでガソリンを入れる回数も多くなってしまいます。ガソリンを満タンにすると5000円から6000円ぐらいかかるので何度も入れていると出費が大きくなってしまいます。

ハイオク仕様の車の場合は、燃料タンクの容量にもよりますが1回の満タンで1万円を超える場合もあります。

しかし軽トラックは大型の車や普通のトラックに比べると車体がコンパクトなので走行している時の燃料消費が少なく比較的燃費が良いのでガソリンを入れるか数を少なくする事が出来ます。ガソリン代を安く抑えたいと考えている人は軽トラックを所有するのがおすすめなので検討してみるといいでしょう。

狭い道路でも走行しやすい

大型の車や普通のトラックを運転している時に狭い道路は走行したくないと思ってしまうでしょう。特に対向車が来た時に接触しないように慎重に走行するので気を遣う事も多くなってしまいます。運転があまり得意ではない人にとってはすごく不便に感じるので困ってしまいます。

しかし軽トラックは車体がコンパクトなので狭い道路を走行する時もあまり問題が発生する事はありません。対向車が来た時もスムーズにすれ違う事が出来るのであまり運転が得意ではない人でも大丈夫です。狭い道路を走行しなければいけなくなる事が多い人も軽トラックを所有するのがおすすめです。

スピードの出し過ぎを防げる

大型の車や普通のトラックはアクセルを踏めばスピードもどんどん出ます。高速道路などではスピードが出る車を運転していた方がいいと感じる事が多いです。

しかし一般道路を走行している時にスピードを出し過ぎているとスピード違反で捕まってしまう可能性もあります。運転免許の減点の対象になりしかも罰金を科せられてしまいます。

そのような時はすごく後悔してしまうものですが、軽トラックを所有していれば問題ありません。軽トラックはあまりスピードが出ないように作られているので一般道路を走行している時にスピードの出し過ぎを防げます。スピードを出し過ぎる癖がある人は軽トラックを所有してみる事を検討してみましょう。

軽トラを所有しているメリット まとめ

いかかでしたでしょうか。軽トラックにそれほど良いイメージを持っている人はいませんが、実際に所有してみるとこのようなメリットがあります。日常生活の中で便利に活用する事が出来る場面も多いので興味がある人は所有してみるといいでしょう。

用途に応じた軽トラの様々な形 軽トラにオープンカーがあるの?

軽トラはトラックの中でも最も小さい部類となり、家庭で利用される事の多いとても一般的な乗り物です。

最大積載量が350kgで業務用で無ければ十分ですし、税金や保険料も通常のトラックより低額で済むので持ちやすい車です。
基本的には自営業・農家で利用される事が多く、小回りが利くため細い路地でも農道でも乗りやすいく農家で使われる事が多いのはやはり利便性です。出荷する野菜や果物は荷台に乗せて運べますし、農具でもどんな小道具でも乗せられます。

軽トラがオープンカーに?

軽トラが変わった使われ方をする事もあって、それはリンゴやブドウの果樹園でよく見られます。

リンゴとブドウに共通するのは枝が低く、下方向に垂れて生っている部分でこれだと車が通れません。そこで天井部分を取り外し、枝の下を自由に動き回れるようにする農家が全国に多く居ます。

「えっ、そんな事して良いの?」と思われるかもしれませんが、これは違反となっています。しかし公道を走らなければ良い訳で、私有地である農地内では誰にも咎められる事はありません。

しかしちょっとでも敷地内から出る事は出来ず、採ったリンゴ・ブドウは別の軽トラに乗り換えて持っていく…という事はどこの農家でも見られる光景です。いくら私道とは言え、このような改造は望ましくないと思われているのでしょうか?

実はそんな事は無く、例えば総務省が推し進めている「地域おこし協力隊」のある自治体のリンゴ農家作業では、この「オープン軽トラ」がイメージ写真として利用された事もあります。

すでに日本では広く浸透している改造軽トラだったのですね。

軽トラオープン画像引用元:みんカラ

軽トラの幌は雨よけというよりも…?

軽トラはそれぞれの仕事・暮らしによって改造される事もありました。しかし元々変わった形状をしている軽トラもあります。

これもやはり農家で使われる軽トラなのですが、荷台部分に日よけが付いているのです。

軽トラと言えば荷台部分に屋根が無いというのが特徴で、むしろこれが使いやすさの理由になっていました。

しかし雨が降れば当然荷台に乗せた物は濡れてしまいますし、農作物だとそれは種類によっては品質が損なわれる事にもなります。

そこで雨よけとしての屋根(幌)の付いた軽トラが沢山販売されて来ました。

そもそも取り外し可能で、別売りという事も多いのですが何も雨対策だけがニーズではありませんでした。それは「日光」という存在があって、やはり夏の暑い時期は雨よりも強い日差しが厄介だったりします。
シートが普通の幌よりも薄めになっているので、光も適度に入りますしデザイン的にも白っぽいものが多くしっくりきやすいのです。

何よりも取り扱いが簡単で、価格も安いという事でどんどん利用者も増えています。

軽トラが多く乗られているのは実は大都会?

地方の農村部に行くと、国道などでも軽トラが沢山走っている様子を見る事ができます。農業が盛んですと軽トラに乗る人も多くなる訳で、このような光景はごく自然だと言えます。

実際に軽トラ(軽貨物車)に乗る家庭の比率を都道府県別に示したランキングを見てみると、長野県・高知県・秋田県など農業が盛んな県が上位に位置しています。

長野はそれこそリンゴやレタスなど様々な農産物が生産されており、高知もピーマン・ショウガなど四国を代表する農業県となっています。

しかしこのランキングで1位なのは実は東京都なのです。

これは農業というよりも、単純に軽貨物車が多く製造されているためと推測されます。実際に普通自動車が多く製造されている愛知県が、このランキングでは最下位にもなっています。

軽トラは非常に便利な乗り物として、農家または町工場でも多く乗られています。これからもニーズは減らないでしょうし、替えの利かない乗り物だとも言えるでしょう。

意外と知らない!?メーカー別 軽トラの特徴 3社の軽トラの個性について

軽トラックは税金や維持費が安く、小柄なボディは裏路地や農道といった細い道でも安心して走ることが出来るので、農業や輸送業を中心に様々な業種で重宝されています。また、地方に行くと個人宅でもゴミ出しや灯油運びなどでも利用されていますし、最近では軽トラックをベースとしたキャンピングカーが作られるなどレジャーシーンでも活躍しています。

このように軽トラックは様々なシーンで活躍する日本に欠かせない存在となっているので、新車・中古車市場においても人気があり多くの台数が流通しています。
その為、各社から軽トラックが販売されているのですが、多くの人は「軽トラックなんて、メーカーが違うだけで中身は一緒」と思われているのが実情です。しかし、各メーカーは軽トラックで様々な特徴を打ち出しているので、今回は各メーカーの軽トラックの特徴について紹介したいと思います。

スズキ キャリイ

スズキ キャリイは2013年に約15年振りにフルモデルチェンジが実施されました。その大きな特徴としては荷台の高さが650mmと軽トラックの中でも最も低くなっているので荷物の積み下ろしが非常に楽となっている点が挙げられます。また、ボディサイドに取り付けられたサイドステップも開口部が大きくなるように形状が変更されており、長靴のような幅広な靴を履いたままでも足を掛けやすく、荷台に上がりやすくなっています。
この他にも、トランスミッションには一般的な5速マニュアルミッションや3速オートマチックの他に、マニュアルミッションのクラッチ操作を車が自動で行う5AGSが設定されています。5AGSはベースがマニュアルミッションでありながら、クリープ機能も付いているのでオートマ車と同じような感覚で操作することが出来ます。

ダイハツ ハイゼットトラック

ダイハツ ハイゼットトラックは2014年にフルモデルチェンジが実施された最も新しい軽トラックとなります。その大きな特徴としては「軽トラックと言えば白色」というイメージが強い中、ハイゼットトラックにはピンクやオレンジといったカラフルなボディカラーを含む9種類もの色が設定されている点があります。その為、軽キャンピングカーのベースとしても人気となっている他、最近話題となっている農業女子にも注目されています。また、2018年には一部改良が実施されたことで、当初は搭載されていなかった衝突回避支援システムであるスマートアシストが新たに採用されています。

スバル サンバー

現行型のサンバーはダイハツ ハイゼットトラックのOEMとなっていますが、2012年まではスバル独自の軽トラックが販売されていました。そのスバルが設計した最後のサンバーの大きな特徴はエンジンを後輪車軸より後方に配置したRRと呼ばれる駆動方式を採用している点にあります。
通常ならば運転座席の下に配置されるエンジンを車体の後方に置くことにより、重量物が常に後方にある状態となるので、荷台が空でも駆動輪となる後輪にトラクションが掛かった状態にすることが出来ます。また、エンジンをキャビンから遠く離れた位置に置けるので、エンジンを高回転まで回しても騒音が入りにくいというメリットもあります。
このように独自の理念により設計されたサンバーは軽トラックで唯一となる四輪独立懸架を採用するなど乗り心地も良く、走行性能の高さから「農道のポルシェ」とも呼ばれており、生産が終了した現在でも中古車を指名買いする人は多いのです。

まとめ

今回はスズキ・ダイハツ・スバルの3社の軽トラックの特徴をそれぞれご説明しました。他のメーカーの軽トラも同じ軽トラでありながら、それぞれ特徴は異なります。

このように似たような形状をしている軽トラックですが、メーカーによって大きな個性があります。軽トラックは実用車なので購入する際には予算重視となってしまいますが、個性を意識して選んでみてほしいと思います。

軽トラ輸出|中古の軽トラが海外で大人気!海外の人が日本製の軽トラを欲しがる理由

日本製品は私たち日本人が当たり前に使っているものですが海外では質のいいものとして扱われるため需要があり高値で取引されることが多いです。その中でも自動車は中古であっても質がよく中々壊れないと言われており海外では現役で走っているものが多いです。

なぜ海外で日本の中古車が人気なのかその秘密に迫りたいと思います。

海外で日本の中古車が人気の理由

数年前から日本の中古車の輸出台数は増え続けており100万台を超えています。

東南アジアやアフリカなどで経済成長があったのが理由と言われており国内では中古車の販売台数は減っていますが海外への輸出は年々増えています。

日本製の中古品は車だけでなく例えば家電製品であっても高値で取引される事が多く、海外の人が日本に来た時はお土産として色んな物を買っていかれますよね?

それは日本製品は中々壊れない、安心安全というのが定着しているからです。特に車は日本でも何十年と乗っている人もいるので壊れないし燃費も年々良くなっています。

海外の人に比べると車は家の次に高価な買い物だという日本人の思考からとても大切に乗る人も多く中古車であってもサビや痛みが少ないので綺麗なものが多いです。

それらが海外では人気の理由になります。国内で中古車販売は何かと避けられがちな所もありますが年式が古く走行距離が走っていても海外では需要があると言われています。

日本の中古車は年式が古いものでもしっかり作られているため故障が少ないですしサイズが大きいワゴンタイプなんかはとても人気です。

また日本ではオートマが主流ですが海外ではマニュアル車も取引対象になっています。特にアジアやアフリカなどは経済成長をしている国であり所得は日本人より少なく新車が買えない人でも中古車だと購入する事ができるという国が増えたために中古車の輸出台数が増えていっているというのが現状です。

とはいっても日本で中古車を売るのと海外に輸出して中古車を売るのでは訳が違うので輸出できない国もありますし規制がかかる国もあります。

マニュアル車として思い浮かぶのは田舎のベンツと呼ばれた事もある軽トラです。実は軽トラは海外ではとても人気になっており乗っている人も多いようなので軽トラが人気の秘密も見ていきましょう。

海外で日本製の中古軽トラが人気の理由

軽トラは海外輸出でも人気の車ですが一方で輸入規制があったり国によっては公道で走れないというデメリットも多く見られます。そんなことがあるにも関わらず軽トラは低価格で低燃費おまけに4WDのモノまであるのでかなり評価が高い自動車です。

そんな軽トラですが、海外でなぜ高評価を得ているのか?

それには以下のような理由が考えられます。

走行性能・走破性海外の道路事情は日本の道路事情に比べると整備されていない国が多いです。日本製の軽トラはもともと悪路での走行を前提として作られているため、走行性能が非常に高く海外の整備されていない道路でも問題なく走行できます。そのため、海外の発展途上の国々では日本製の軽トラが非常に人気が高いようです。
外観・見た目海外の車と思い浮かべると何が出てきますか?多分大きさとかではないでしょうか。海外の車は横幅も大きいものが多いですし海外の人も日本人に比べると背も高い人が多く軽トラがかなり小さく見えるため日本特有の車という認識が高いです。ミニチュアやキュート、クールなどと言われておりその見た目も高評価のようです。
整備性・小回りがきく軽トラは小さくホイールベースが短いため小回りが効きます。狭い道、近い距離や敷地内などを走るには非常に便利です。また軽トラは車の中でもシンプルな作りになっており、さらに軽量でメンテナンスもしやすいと言われています。
耐久性が高く故障が少ない海外の人が日本車の魅力として言われているのが軽自動車でもクオリティが高く性能もいいといわれなおかつ故障しにくいと言われています。海外の人からみるとおもちゃみたいな車なのに丈夫な所に驚く人も多いようです。
使い勝手の良さ日本人の場合軽トラ=農作業や田んぼといった感じですが、これは海外でも同じです。特に農場だったり牧場、学校内などで作業する時に使われる事が多くカートの代わりとして使うことが思いと言われています。カートでも充分かと思いますが軽トラへ初めから人が乗る車両として作られているため座席もエアコンも快適ですが作業用に荷台の設計や重量など考えて作られているためカートに比べると優れているのは一目瞭然です。
音が静か実際プリウスなんかと比べると音の違いは分かると思いますが海外のトラックと比べると日本の軽トラの音はとても静かだと言われています。日本で狩りをする時にも山道に軽トラで行く人もいるように海外でも狩りの時には日本製の車が静かで獲物のそばに行けると言われています。
実用的で機能的海外の車は見た目や内装にこだわった車が多かったですが購入者の意見を聞くともっと実用的な車が欲しいという人が多いと言われていました。日本の軽トラは小回りがきく小ささで内装はもちろんシンプルで最低限の機能しか備わっていないし低価格で低燃費という実用性があります。体格がいい人でも乗れるのも高評価で人気の秘密になります。

まとめ

以上、日本の軽トラが海外で人気の秘密になります。

日本では、10万キロ以上走って「もう廃車にするしかない!」と思っているような軽トラでも、海外では現役で活躍しているのです。それだけ日本製の中古車は海外での評価も高く信頼のブランドなのです。

軽トラは最低限の機能を搭載している車であるため海外でも人気の車です。あれだけコンパクトにまとめられるのは日本の凄い技術があってこそだと言うことです。