軽トラの耐用年数と実際の寿命について メンテ次第では20万キロ以上も使用できる!?

軽トラ耐用年数

基本的に軽トラの耐用年数は4年間と定められ、減価償却資産が利用に耐える年数の目安として扱われる仕組みです。

自動車やバイクなどの乗り物は購入した時点が資産価値があり、日が経つにつれ各部の部品の摩耗などが原因で価値が下がっていきます。基本的に軽トラは農業などで使われるものは4年ですが運送業の場合は3年と短く、使用する目的に応じて変わる傾向が強いです。

耐用年数は走行距離が長くなればエンジン各部の部品が摩耗しやすく、短くなるため同じものだと考えないようにする必要があります。

耐用年数は4年だけど実際の軽トラの寿命はどのくらい?

軽トラの寿命は基本的に走行距離が10万キロで年式が10年落ちが目安にする場合が多いようですが、最近の車は非常によく出来ていますのでメンテナンスをしっかりすると20年・20万キロでも使用することができます。

しかし、定期的なオイル交換を怠ったり、その他のオイル類の交換を行わないと故障などトラブルが起きやすくなるため注意が必要です。またラジエターの冷却水も定期的な交換を行っていないとエンジン内部の防錆効果が無くなり錆が発生しエンジンの調子が悪くなってしまいます。

寿命は過ぎてしまえば急にエンジントラブルが起きて動かなくなることや、ブレーキトラブルなどで事故を起こしてしまう可能性があるため調子が悪いと感じたらメンテナンスをすることが求められます。

耐用年数はあくまでも帳簿上の処理になりますが、実際には10年を超えて乗れるためメンテナンスを欠かさずにすると効果的です。

事業目的で使用する軽トラ 課税対象所得を減らし節税

節税イラスト軽トラを使う目的は事業を行うためで、経費の一部として確定申告をすると課税対象所得を減らせて節税になります。基本的に軽トラは一年限りではなく複数年使用するため、減価償却をして毎年少しづつの費用に分けると効果的です。

個人事業主や法人が軽トラを購入するとその金額が経費として扱うことができないため、耐用年数に応じて毎年減価償却費として計上することが求められます。

耐用年数を間違えて減価償却をすると税務調査が入った時に指摘され、場合によっては追徴課税を払わないといけないこともあり注意が必要です。

車の減価償却をする時は耐用年数を確かめ、対応する償却率で計算する仕組みになります。会計処理をする時は会計ソフトを使うと自動的に計算してくれるため、軽トラなどの経費を確定申告する際にも時間や手間を省けて便利です。

軽トラは耐用年数大幅にを超えると故障も多くなるため新しく買い替えることを考え、買い取ってもらうと資金にできるため費用を減らせます。査定金額は年式や走行距離によって決定しますが、業者によって違うため少しでも高く売れる方法を探す方法が望ましいです。

高く売りたい場合は複数の業者の査定金額を比較していることを交渉する際に伝え、納得ができる条件になるまで続けると買取価格が吊り上る可能性もあります。

中古車で購入する場合は再取得価額が50%を超えると法的耐用年数が設定され、経過年数の80%を差し引くとその車の耐用年数になることが特徴です。法的耐用年数をすべて経過している場合は法的耐用年数の20%に該当し、それぞれの違いを把握して計算する必要があります。

軽トラは事業の運営と関係があり固定資産として扱われるため、耐用年数に応じて費用化することが認められています。減価償却は毎年同額の償却費になる定額法と減少していく定率法があり、個人事業主は定額法のみ選べますが法人であれば最適な方法を選択できます。

減価償却費は確定申告で計上すると利益を減らして節税ができるため、1回で多くの金額にすれば効果が高いです。効率良く税金を減らしたい場合は値落ちしない車種を探す方法が望ましく、販売店でスタッフと相談して決めてもらうと安心できます。

軽トラは中古でも値落ちしない車種を探せますが、市場に出回っていないことが多く非公開車両として扱われることが特徴です。中古車を探す時はなるべく状態が良いものを選び、税額を減らすなど工夫すると有意義に使えます。

ホント!?日本製の軽トラックは海外で大人気!除雪・農業に大活躍!

港に停まっている軽トラの画像

日本では、普段から道路で走っているところをよく見かける軽トラですが、もちろん、日本では軽トラはどこでも手に入れることができますので軽トラというものは、まったく珍しくもなんともありません。

ただし、走行性能はよく、非常に長持ちしますし耐久性も実は抜群で、トラックの中でも非常に性能が良いのが特徴です。
そんな軽トラについての豆知識ですが、実は海外の諸国でも日本の軽トラは大人気です。

このページでは「なぜ軽トラが海外で人気なのか?」ということについてお話します。

輸入してでも乗りたい軽トラ 外国で軽トラにのっている人はお金持ち!?

ニューヨーク 7番街を走るトラック外国というと、大きなトラックばかりが走っているイメージがりますし、日本の軽トラックはそもそも需要自体がないのではないかというイメージがあります。

実は日本の軽トラックは海外でも大人気で、自分たちでカスタムをして乗りこなしている業者の方も少なくありません。そんな軽トラですがもちろん現地では手に入らないので、日本から輸入をする必要があります。

このため、どうしても価格が高価になってしまいます。アメリカなどの海外では軽トラックに乗っていたり、軽トラックを乗りこなしている人はかなりお金のある人というイメージが有るようです。

アメリカでは、日本とは基準が異なっていますので、公道を軽トラックが走ることができません。このため、オフロードだったり、作業用という形でしか乗りこなすことができないのですが、それでも非常に人気が高くなっています。

しかし、条件次第だったり、州によっては乗ることができるところもあり、たとえばカリフォルニアなんかは、州で認められているということもあり、軽トラに乗ることが可能となっています。

逆にテキサス州などは公道では走ることができないと定められているので、軽トラに乗ることはできないようです。

このように、海外では軽トラが非常に人気が高くなっているのですが、主に人気なのがアメリカです。

燃費もいい優秀なコンパクトカーの軽トラは海外で大人気

アメリカでなぜ軽トラがここまで人気なのでしょうか。その理由として、アメリカには小型で性能の良い、優秀な車がほとんどないからです。燃費に優れたトラックなども非常に少なく、アメリカでは軽トラがとても優秀な車として認知されているのです。

海外の農場たとえば、アメリカでは作業用で使われることが多く、具体的にどのような作業で使われるのかというと、主に農作業などで活躍しています。アメリカでは、農地に住んでいるという家庭も多く、そういったところでは、軽トラが大活躍します。

また、アメリカでも雪が多いエリアの場合、除雪車として、実は軽トラが大活躍します。

この場合、特別なキットを取り付けることによって、除雪車として活躍するのですがそのキットに関しても海外では実は販売されていて、カスタムをして便利に雪を取り除く作業車として使っている方が多いようです。

また、海外で人気なのが、車を使って遊ぶという使い方です。

改造をして、川を渡ったりとさまざまなアウトドアに使われていることが多く、雪道を走り回ったり、川辺を走り回ったりして、楽しむ方も多いようです。

日本の軽トラ クールなデザインも人気の理由

ハイゼット ジャンボの画像海外では、軽トラのこの性能や、耐久性などで注目されているのはもちろんですが、デザイン性にも定評があります。

日本で軽トラのデザインを褒める方はそれほど多くありませんが、海外では、そのフォルムや形、デザインなども褒められていて、軽トラはとても美しく魅力的と感じる方が多いようです。

デザイン面がとてもクールということでカスタマイズを行い、カスタマイズに非常にこだわりを持っている方も少なくありません。

かわいい、楽しそう、そいてデザイン面もクールと、軽トラは海外の諸国で非常に人気が高くなっていますが、輸送料が高いということで、中古車の場合も買うことが難しいので、手に入れたいけれど、金銭的に厳しいという家庭も多いようです。

軽トラデビューをするならダイハツ「ハイゼット ジャンボ」がおすすめ

車に詳しくない人からすると、軽トラはどれも同じだとおもわれがちですが、実は各メーカーそれぞれの個性が注ぎ込まれています。地方に行けばゴミだしなどの日常生活にも使用されていますし、農作業でも大活躍する軽トラは、日本の生活にマッチした便利な道具だといえます。

軽トラはOEM製品を含めると、すべての軽自動車メーカーから販売されていますが、実は各社でさまざまな特色を打ち出しています。

軽トラは、一般的な車と同じように2WDと4WDの2つの駆動方式があります。未舗装路を頻繁に走るという場合には4WDが人気で、荷台に荷物をたくさん積んだりする場合には、2WDより4WDの方がおすすめとなります。

ただメーカーによって後輪駆動の方式が異なり、スズキのキャリイやダイハツのハイゼットトラックはFR(フロントエンジン・リア駆動)、ホンダのアクティトラックはMR(ミッドシップエンジン・リア駆動)、スバルのサンバートラックはRR(リアエンジン・リア駆動)というように、エンジンの搭載されている位置は異なりますが駆動はすべて後輪で行っています。

近年流通している軽トラはATのものもありますが、中古車は6~7割がMTとなっていますから、AT限定の運転免許の人は、選択肢が少なくなってしまいますから注意が必要です。

数ある軽トラの中でおすすめはダイハツ ハイゼットトラック

ハイゼット ジャンボの画像おすすめの軽トラは、ダイハツのハイゼットトラックで、軽自動車の常識を覆したモデルで、9種類ものボディカラーを設定していますから、軽キャンピングカーのベース車としても人気があり、座席後方にスペースを設けてリクライニングが可能となったジャンボや、頭上空間を高くしたハイルーフなどさまざまなモデルが登場しています。

一般的な軽トラは座席は直角でリクライニングができませんから、今までの軽トラのイメージをがらっとかえたモデルといえます。

また女性が運転することも多い軽トラですから、紫外線を約99パーセントカットするガラスや、化粧直しができるバニティミラーなども装備した、ビューティパックも用意されていますから、男女問わず人気のモデルとなっています。

ハイゼットトラックの歴史について

ハイゼットトラックのルーツは、MP5型ミゼットトラックで、このミゼットの上位版(HI)としてハイゼットが誕生しました。

ミゼットはオートバイのコンポーネントを利用した通称オート3輪で、第一次大戦後の1920年代から独自の発展を遂げて普及していきました。ハイゼット キャンピングカー

初代のハイゼットトラックは空冷356cc 二気筒でボンネットトラックでした。

初代から現在のハイゼットトラックに至るまで進歩を続けてきたハイゼットは、現在では80種類以上のバリエーションを持ち、多種多様となっています。

最近はさまざまな会社からキャンピングカーが販売されていますが、ハイゼットベースのキャンピングカーも人気があり、軽とはいえ居住性には目を見張るものがあります。

ハゼットの中で最も熱いモデル「ハイゼットジャンボ」

ハイゼットの中でもハイゼットジャンボは今一番熱い軽トラで、運転室を後ろへ伸ばし、屋根をハイルーフで高くし、リクライニングが可能なシートと大型トラックのような窓を採用しているのが大きな特徴となっています。

ハイゼットジャンボは1983年に登場し、常に室内の快適さと広さを求めるユーザーから大きな支持を得ています。

ハイゼットジャンボの実燃費は約15.5km/Lで、総排気量は658ccで走行性能では高い評価を受けているハイゼットジャンボですが、燃費はあまりよくないと行った声も少なくありません。

ただなんといってもハイゼットジャンボの魅力はそのデザイン性にあります。今までの軽トラのイメージを覆すようなおしゃれなデザインとボディカラーとなっていますから、非常に高い評価を受けています。

軽トラで唯一リクライニングできますし、シートのクッションも良いので乗用車のような乗り心地となっています。これから軽トラデビューをするという人にはおすすめの一台となっています。

20年で4回乗り継いだ私の愛車「スズキ キャリィ」の魅力

このページでは私が愛用しているスズキの軽トラ、キャリィの魅力について熱く語ってみたいと思います。「キャリィを購入しようかなあ?」と検討中の方は参考にしてください。

私は20年前から、趣味で軽トラ(スズキのキャリィ)に乗ってます。

日頃から荷台にバイクを乗せサーキットに運んでいることもあり、キャリィ一筋20年間でなんと4台乗り換えました。

軽トラは、普段から街を歩いていると農作業や運送会社などで大活躍してところをよく見かけます。

そんな、需要の高い軽トラですが、ディーラーで中古を探すにも予約が必要で何年待ちになる程です。自分の場合は、前にも何人も先客がいており、自分の順番は35番目待ちでした。それほど、人気の高い需要のある車です。

キャリィに乗っていて感じるメリット

過去に、ホンダのハイゼットにも乗りましたが、スズキの軽トラは、自分の中で各メーカーの軽トラの中でも、デザインが一番スタイリッシュに思えます。

そのキャリィのメリットは何と言っても最大積載量が350キロで荷物をたくさん載せれる事です。

また、どんな道のでもスイスイ走れるところです。ぬかるんだ道でも、二輪駆動から四輪駆動に切り替えれる『パートタイム』のレバーが付いてます。そのおかげで砂利道・荒地・雪道・ぬかるみの道をスムーズに走れます。

ぬかるんだ道に便利なスペシャルなボタンが存在します。それは、『DIFFLOCK』のボタンが付いており、ぬかるんだ道で片方のタイヤが空回りしても、もう片方のタイヤが駆動ししっかり地面をキャッチして、ぬかるみから脱出する事が出来ます。

『農業』や『林業』や『モトクロス』などをやっていると、舗装してない道などの林道などを走る事が多くなるので、そんな時には軽トラがとても便利です。

キャリィ おすすめのオプション

次に実際に4台もキャリィを乗り継いだ私だからこそ分かるおすすめのオプションをご紹介します。

ルーフキャリア軽トラの屋根に、『ルーフキャリア』を装備する事で、さらに荷物を詰める事が出来ます。また見た目も変わって来ますのでおすすめです。
カーナビ・ETC近年、軽トラでもカーナビが装備してる事が増えており、運送会社の軽トラなどは、やはり仕事で使う軽トラには、無くてはならない必需品です。

「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、もともと目的が限られていたので私が重宝していたオプションは以上の2つでした。

特にルーフキャリアはおすすめですよ!

側レースに参戦できる!?DOHCエンジン

エンジンは、DOHCエンジンと言われるものです。1950年までは、DOHCエンジンと言えば、高級スポーツカーにしか装備されてませんでした。

エンジン内に吸気弁と排気弁の2本あります。それぞれのカムシャフトがあり、自分の働きをするので、負担が分散できる事で、カムシャフトとバルブの時間のズレが少なくエンジンは高回転・高出力を生み出す事が出来ます。

サーキット場の画像即座にレースに参戦出来るほどの性格が凶暴なエンジンだったのです。しかし、軽トラもそうですが、現在の全ての車やバイクのコンピュータが、制限を掛けているのでレース専用車両のような高回転型エンジンではありません。でも、コンピュータのロムを書き換える事でその姿を現わす事も出来ます。

20年前、サーキットに行った時に、恐ろしい程に速い軽トラがデモンストレーションを激走してたのですが、個人的にとても興味がありました。

軽自動車は、基本的エンジンの排気量は660ccしかありません。しかし、ロムを書き換える事でDOHCエンジンが姿を現せ、恐ろしく速く走れる事が出来ます。

キャリィに乗っていて感じるデメリット

軽トラにはメリットもたくさんありますが、荷物を載せるという目的がしっかりと決まっている分、イロイロな部分が犠牲となっている点も否定はできません。

先程はキャリィ(軽トラ)に乗っているときに感じるメリットをお話ししましたが今度はデメリットについてお話します。

車内の狭さ

軽トラの最大の欠点は車内の狭さではないでしょうか?体格の大きな男性の場合シートを一番後方にセットしても狭く感じることでしょう。また私のように軽トラで長距離運転をする者にとっては、疲れても車内でシートを倒して横になる事が出来ない点は「ツライ!」のひと言です。

その分、バイクを積むことができるので我慢するしかありませんが運転疲れを半減させるには、低反発の座布団がおすすめです。

エアコンについて

エアコンの接続が悪くなる事もあります。エアコンは、弱・中・強と3段階の切り替えがあります。

しかし長年乗っていると、突然、強の切り替えでエアコンがただの送風になる事がありますが、この時の技が、中に切り替えることでエアコンが効いて来ます。

理由は分かりませんが、私はこの症状が出てしまった時はこのようにして修理に出すまでの間をしのいでいます。

タイヤについて

軽トラをアスファルトの上で乗るのであれば何も問題はありませんが、林道や田んぼや畑に行く時に舗装されてない林道などを走りますが、どうしてもタイヤの側面が弱く、地面に落ちている枝やガレ場などで大小の石がタイヤの側面に刺さりタイヤが破れてパンクしやすいです。

タイヤ側面が弱いのはタイヤの構造上しょうがないことなのですが、そんなことを防ぐ為に『四駆専用のタイヤ』を装備する事でタイヤが破れにくくなります。

まとめ

メリットやデメリットを持ってる軽トラですが、とても便利良い車です。狭い道でもスイスイ行けるし、車高が高いのでどんな道でも走る事が出来ます。軽トラの荷台が必要じゃない場合は、ミニバンもあるのでこちらもおすすめです。

世界のトラック事情について 海外製のトラックが日本で走っていないのはなぜ?

日本でトラックが走っている光景を見ることはとても多いですが、当たり前ですが、海外でもトラックは走っています。東南アジアでも、また遠いアフリカ諸国でも、実は日本製のトラックはとても人気となっていて、日本の中古車などが海外に出回っています。

日本のトラックのメリットとして、まずは性能の良さ、そして価格の安さ、運転の快適性があります。これらの良さは、他の海外のトラックにはないようなメリットですので、他の海外諸国でも選ばれているのです。

特に「いすゞ」などは、トラックメーカーとしては、世界的にも大変有名であり、あのベンツと同じぐらいの知名度となっています。実は世界でもシェアが大変多く、新車だけではなく、中古車なども需要があります。つまり、トラックの買取において、中古車でも高値で売ることが出来るのです。

海外製のトラックが日本であまり走っていないのはなぜ?

また、海外のトラックですが、海外製のトラックをあまり日本国内で見かけることは少ないといえるでしょう。たとえば、輸入車に趣味で乗っているという人はいますが、海外製のトラックを運転しているトラック運転手の方は、あまり見かけることはありません。

これはなぜかというと、海外製のトラックは、メンテナンスの体制にまだまだ問題があるといわれているからです。通常の日本のトラックの場合、メンテナンスは可能ですし、消耗品があれば、その都度交換をすることが出来ます。しかし、海外製のトラックに関しては、メンテナンスはおろか、消耗品も手に入りづらかったりと、長く乗り続ける場合、何かと不便なことが多くなっています。

特に、トラックの場合には、商用車として利用をすることが多いですので、何かトラブルが遭った場合、サポートを受ける必要があります。これらのサポートが受けにくい、海外トラックは嫌煙されてしまいがちなのです。

日本と海外の道路事情の違いや燃費の違いも海外のトラックが日本で走っていない理由

また、海外の場合、日本国内よりも道幅が広く、超大型のトラックが走っているところや国が多くなっています。これと比較して、日本では、超大型のトラックというのはほとんど必要がないといえるでしょう。

駐車場の問題もありますし、排気量がそれだけ多くなりますので、燃費に関する問題なども出てきます。たとえば、アメリカの場合には、石油の産出国ですので、燃費が安くおさえることができるので、燃費のことを考える必要がありません。このため、トラックも超大型のトラックなどが走っていることが多くなっています。

さらに、テキサス州などの州によっては、日本のガソリンの約半額であることも多いので、それだけトラックを走らせることが出来るのです。排気量のある乗用車を乗りこなせる他国と、日本では事情が異なってくるので、選ばれるトラックもそれだけ異なってくるという訳なのです。

そもそも、アメリカの大型のトラックの場合、日本の道路を走ることが出来なかったり、幅や高さ制限などに引っかかってしまうこともあります。道路の規格などもそもそもが欧米と基準が異なっています。

また、日本は元々自動車産業が盛んとなっており、他の国が入ってきにくいという面があります。よほど性能差があったり、さらによほどのマニアしか乗りにくいということも理由の一つとなっています。

トラックは運転しづらい?オートマ免許不可?ミッション免許はあるけど坂道が不安

トラックは運転しづらいと想像している方が多いと思いますが、実はそうではありません。

もちろんトラックにもよりますが、車高がとても高く、運転席側と助手席側にいくつもミラーがついています。この複数のミラーはトラックの長さが長くなるほど増えるので、死角になりやすいスペースの確認にも役立ちます。

ハンドルもパワステのものがほとんどなので、普通乗用車を運転する感覚とそれほど大差はありません。また、乗用車と比べてクッション性が高く、運転席も広いので運転好きの方には快適なスペースと言えるでしょう。

気をつけなければならないのは、右左折のときです。自身の乗っている車の長さなども考慮に入れながらハンドルを切らなければならないため、左に曲がるときに少し右に振ってから左に曲がるトラックを見かけるのはそのためです。

10tなどの場合には、運転席の後ろにベンチシートがあり、大半の長距離トラックの運転手はそこで仮眠を取ります。

トラックの運転はミッション免許が必要なの?

トラックの運転はミッションでなければならないと考えている方も多いようですが、最近では、セミオートマやオートマのトラックも増えてきています。

セミオートマというのは、自動でシフト操作を行ってくれ、クラッチ操作をしなくてもよいものです。こちらのセミオートマのトラックであれば、オートマ免許で運転することが可能です。

オートマのトラックであればもちろん、オートマ免許で運転することができます。

セミオートマは、クラッチ操作をしなくても良いため、信号の多い道路でも行う操作が少なくストレスの軽減にもつながるようです。ただ、坂道の途中で停車してしまった場合には、サイドブレーキを使って発信した方が無難でしょう。

坂道発進補助装置がついているものもありますが、重い荷物などを積んでいたり、荷物の比重が後ろにあると、どうしても後ろに引っ張られる力が強くなるため注意が必要です。

ミッション車のトラックにも、坂道で後ろに下がらないよう設定するボタンがついているものもあります。

また、デザイン性を重視したトラック、速度抑制装置がついているトラック、自動ブレーキを搭載しているトラックなどもあり、トラック業界が、見た目も重視しつつ、より安全なトラックを製造することに邁進していることがうかがえます。

必見!ローン返済中のトラックを高く売る方法!

トラックは普通車と違って高額な車ですので、ディーラーで新車のトラックを購入する場合は、ローンを利用してトラックを購入している方も多いと思います。

そいった方の中にはローン返済中でも何か事情がありトラックを売却することになり以下のように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

  • ローン返済中だけど売却することはできるのかなあ?
  • ローン返済中のトラックでも業者は買取してくれるのだろうか?
  • ローンの残債はどうなるの?
  • 新たにトラックを購入する場合二重にローンを返済するの?

▶▶▶ローン中のトラックを高くる方法!

結論から申し上げてローン返済中のトラックでも買取してもらえます。

ローン返済中にもかかわらずトラックを売却することとなったということは、少しでもトラックを高く売り、多くの現金を手に入れる方が良いかと思いますので、このページではローン返済中のトラックを出来るだけ高額で売る方法についてご説明します。

まず、あなたは以下のどちらに該当するか選んでください。

  • ローンは返済し続け、現金を受け取る
  • 売却代金をローンの返済に充てる

▶▶▶ローン中のトラックを高くる方法!

ローンは継続して返済し現金を受け取りたい場合

とりあえず現金が必要で、ローンは継続して返済する場合、まずトラックの車検証の「所有者の氏名又は名称」の欄が誰のものになっているか確認しましょう。

トラックの所有者があなた自身になっている場合は問題ありませんが、ディーラーでトラックを購入した際にディーラーでローンを組んでいる場合は、所有者がディーラーもしくは信販会社になっていることがほとんどです。

この場合は、トラックの所有者があなたではありませんのでトラックを売却しても売却代金を受け取ることができず、売却代金をローンの残債に充当する必要があります。

どうしても現金が必要な場合

トラックの名義がディーラーや信販会社ではあるが、事情がありどうしても現金を受け取りたい場合は、信販会社から銀行や労金等にローンの借り換えをしてトラックの所有権を解除しトラックの名義変更をする必要があります。

基本的に銀行や労金の場合、トラックの所有権が金融機関になることはないので、トラックの所有者はあなたになります。

ローンの借り換えをして信販会社に新たなローンを組んだ金融機関から残債の一括返済を行うことでトラックの所有権は解除されます。(※信販会社もしくはディーラーから所有権解除の書類を準備してもらい名義変更をする必要があります)

無事、トラックの所有者があなたになればローンの返済義務は継続して残りますが、売却代金を受け取ることができます。

売却代金をローンの返済に充てる場合

トラックを売却して、その買取代金を現在返済中のローンの返済に充てる場合、特にトラックの名義人が誰であるかは問題ではありませんのでトラックを出来るだけ高く売りましょう。

ただ、ローンの残債が300万円あるにもかかわらず、トラックが200万円でしか売れない場合はローンを差額を一括返済するか、ローンを組み直す必要がありますので注意してください。

車の廃車 3つの種類とそれぞれに必要な書類

廃車って3種類あるんですよ!ご存知でしたか?

廃車には永久抹消登録・一時抹消登録・解体届出の3種類があります。それぞれ手続きの方法や必要になる書類が異なりますので一つずつご説明していきます。

永久抹消登録の方法と必要な書類

あなたがお住まいの地域を管轄する運輸支局で永久抹消登録を行います。永久抹消登録は事故や故障、または災害等で車が使用できなくなってしまった場合や、すでに車を解体している場合に行う廃車手続きです。

永久抹消登録に必要な書類

  • 所有者の印鑑登録証明書
  • 所有者の委任状(所有者本人の場合は不要)
  • 自動車検査証
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 移動報告番号・解体報告記録がされた日の記録(メモ)
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
  • 自動車税・自動車取得税申告書

印鑑登録証明書は委任状に押されている印鑑が実印であることを証明するために必要です。また発行から3か月以内のモノが必要ですので注意してください。

手数料納付書/永久抹消登録申請書(及び解体届出書)/自動車税・自動車取得税申告書に関しては手続き当日に運輸支局で配布を受けることができます。

永久抹消登録をする車の所有者本人が手続きをする場合、委任状は必要ないですが実印を準備しておいてください。もし、自動車検査証やナンバープレートを紛失または盗難で準備できない場合は理由書を準備する必要があります。

地域によっては準備する書類が異なる場合がありますので、永久抹消登録をする前にお住まいの地域を管轄する運輸支局に問い合わせましょう。

永久抹消登録の手順① 書類の確認・作成

運輸支局の窓口で必要な書類の確認をしましょう。

不足している場合は準備してください。

手数料納付書/永久抹消登録申請書(及び解体届出書)/自動車税・自動車取得税申告書に関しては運輸支局で配布を受けることができますので記入してください。

それぞれの記入方法については記入例等の見本が運輸支局内にありますので参考にして記入してください。

永久抹消登録の手順② ナンバープレートの返納・書類提出

書類の確認・作成が終わりましたら、運輸支局内にあるナンバープレートの返納窓口に準備したナンバープレート(前後2枚)を返却しましょう。ナンバープレートを返納すると手数料納付書に返納確認印を押してくれます。

そして次に、準備してある書類を運輸支局の窓口に提出しましょう。もし書類に不備があった場合は修正して再度提出してください。

以上で運輸支局での永久抹消登録の手続きは終了です。

税事務所への申告

最後に運輸支局内にある税事務所の申告窓口で最初に準備・作成した自動車税・自動車取得税申告書を提出してすべての手続きが終了です。

後日、あなたが支払った自動車税が月割りで還付されます。

一時抹消登録の方法と必要な書類

一時抹消登録とは、何らかの理由で一時的に車の使用を中止する場合で将来的に車を再使用する可能性がある場合に行う手続きです。

ご自分で手続きを行う場合と、車屋さん等に代行してもらう場合で準備する書類が異なります。なお一時抹消登録も永久抹消登録と同様にあなたの住む町を管轄する運輸支局で手続きを行います。

一時抹消登録を車屋さんに代行してもらう場合に必要な書類

一時抹消登録を知り合いの車屋さんなどに代行してもらう場合は以下の書類が必要です。

  • 所有者の印鑑登録証明書
  • 所有者の委任状(所有者本人の場合は不要)
  • 自動車検査証
  • ナンバープレート(前後2枚)

印鑑登録証明書は委任状に押されている印鑑が実印であることを証明するために必要です。また発行から3か月以内のモノが必要ですので注意してください。もし、自動車検査証やナンバープレートを紛失または盗難で準備できない場合は理由書を準備する必要があります。

一時抹消登録を車屋さんに代行してもらう場合の費用

一時抹消登録にかかる費用は一時抹消登録手数料が350円です。あとは車屋さんの代行費用がかかります。

業者によっては手数料・代行料・引取り料などすべて込みで30,000円も請求されることもあるそうです。代行費用だけでしたら10,000円以内で代行してくれるお店が多いようですが、比較的簡単な手続きですので書類を準備して自分で挑戦してみてはいかがでしょうか?

一時抹消登録を自分で行う場合に必要な書類

一時抹消登録を車の所有者自身が行う場合に必要な書類は以下の通りです。

  • 所有者の印鑑登録証明書
  • 所有者の委任状(所有者本人の場合は不要)
  • 自動車検査証
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 実印

手数料納付書/一時抹消登録申請書/自動車税・自動車取得税申告書については手続き当日に運輸支局で用意することができます。

印鑑登録証明書は委任状に押されている印鑑が実印であることを証明するために必要です。また発行から3か月以内のモノが必要ですので注意してください。もし、自動車検査証やナンバープレートを紛失または盗難で準備できない場合は理由書を準備する必要があります。

自動車検査証に記載されている住所と印鑑登録証明書に記載されている住所が異なる場合は住民票が必要で、氏名が異なる場合は氏名の変更が記載された戸籍謄本が必要です。

一時抹消登録の手順① 書類の確認・作成

運輸支局の窓口で必要な書類の確認をして不足している場合は準備してください。

手数料納付書/一時抹消登録申請書/自動車税・自動車取得税申告書に関しては運輸支局で配布を受けることができますので記入してください。

それぞれの記入方法については記入例等の見本が運輸支局内にありますので参考にして記入してください。

一時抹消登録の手順② 一時抹消登録手数料の支払い

運輸支局内にある印紙購入の窓口で一時抹消登録手数料分(350円)の印紙を購入し、準備してある手数料納付書に貼り付けましょう。

一時抹消登録の手順③ ナンバープレートの返却

運輸支局内にあるナンバープレート(前後2枚)の返納窓口に準備したナンバープレートを返却しましょう。ナンバープレートを返納すると手数料納付書に返納確認印を押してくれます。

一時抹消登録の手順④ 準備した書類の提出

準備した書類を運輸支局窓口に提出しましょう。もしここで不備があった場合は修正してください。その後、登録識別情報等通知書が交付されますので公布されたら必ず記載事項に間違いがないか確認してください。
※忙しい時期ですと、窓口が非常に込み合っており登録識別情報等通知書の交付までにかなり時間がかかることがあります。

一時抹消登録の手順⑤ 税事務所への申告

最後に運輸支局内にある税申告窓口に、自動車税・自動車取得税申告書と登録識別情報等通知書を提出してください。後日、あなたが支払った自動車税が月割りで還付されます。

これで一時抹消登録の手続きは終了です。

解体届出の方法と必要な書類

解体届出とはすでに抹消登録してある車を解体した場合などにする手続きです。

車屋さん等に代行して手続きをしてもらう場合と、自分で手続きを行う場合で準備する書類が異なります。

解体届出を車屋さんに代行してもらう場合に必要な書類

解体届出を知り合いの車屋さんなどに代行してもらう場合は以下の書類が必要です。

  • 所有者の委任状※所有者の押印が必要
  • 登録識別情報等通知書または一時抹消登録証明書
  • 移動報告番号・解体報告記録がされた日の記録(メモ)

登録識別情報等通知書・一時抹消登録証明書が紛失・盗難などの理由により準備できない場合は準備できない理由を記載した理由書が必要です。

また、一か月以上車検が残っている場合は重量税の還付を受けることができますので以下の書類を別途用意してください。

  • 所有者のマイナンバーカード・通知カード・マイナンバーの記載された住民票のいずれか1つ
  • 重量税の還付金を受け取る金融機関の情報(金融機関名・口座番号)
  • 所有者の署名と押印のある委任状
    ※代理人が手続きする場合は代理人の身分証明書・印鑑が必要です。

登録識別情報等通知書に記載されている所有者と現在の所有者が変わっている場合は以下の書類が別途必要です。

  • 譲渡証明書
  • 現在の所有者の住民票

登録識別情報等通知書に記載されている所有者の氏名が変わっている場合は以下の書類が別途必要です。

  • 所有者の住民票(発行後3か月以内)

解体届出を自分で行う場合に必要な書類

解体届出を自分で行う場合は以下の書類が必要です。

  • 所有者の委任状※所有者の押印が必要
  • 登録識別情報等通知書または一時抹消登録証明書
  • 移動報告番号・解体報告記録がされた日の記録(メモ)
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書または解体届出書
    ※代理人が手続きする場合は代理人の印鑑が必要

手数料納付書・永久抹消登録申請書または解体届出書に関しては手続きを行う当日に運輸支局で準備できます。

登録識別情報等通知書・一時抹消登録証明書が紛失・盗難などの理由により準備できない場合は準備できない理由を記載した理由書が必要です。

また、一か月以上車検が残っている場合は重量税の還付を受けることができますので以下の書類を別途用意してください。

  • 所有者のマイナンバーカード・通知カード・マイナンバーの記載された住民票のいずれか1つ
  • 重量税の還付金を受け取る金融機関の情報(金融機関名・口座番号)
  • 所有者の署名と押印のある委任状
    ※代理人が手続きする場合は代理人の身分証明書・印鑑が必要です。

登録識別情報等通知書に記載されている所有者と現在の所有者が変わっている場合は以下の書類が別途必要です。

  • 譲渡証明書
  • 現在の所有者の住民票

登録識別情報等通知書に記載されている所有者の氏名が変わっている場合は以下の書類が別途必要です。

  • 所有者の住民票(発行後3か月以内)

解体届出の手順① 書類の作成と確認

運輸支局の窓口で必要な書類の確認をして不足している場合は準備してください。

手数料納付書/永久抹消登録申請書または解体届出書に関しては運輸支局で配布を受けることができますので記入してください。

それぞれの記入方法については記入例等の見本が運輸支局内にありますので参考にして記入してください。

解体届出の手順② 書類の提出

作成した書類と準備してある書類を一式すべて、運輸支局の窓口に提出してください。書類に不備がない場合、解体届出の手続きはこれですべて終了です。

⇒全国運輸支局一覧はコチラ

悪徳トラック・重機買取業者に注意!

日本全国には数多くのトラック・重機の買取業者がありますが、その中の一部には悪徳業者と呼ばれる業者もあります。そういった一部の悪徳な業者の迷惑行為によってトラック買取業者といえば「しつこい迷惑電話」というイメージをお持ちの方も少なくないと思います。

当サイトではトラック買取を安心して利用していただくために優良トラック買取業者ランキングをご紹介しています。当サイトでご紹介しているトラック買取業者を利用していただければ、査定依頼から買取り終了まであなたが不安を感じることは無いでしょう。

このページでは悪徳業者の被害例と悪徳業者の被害に遭わないための注意点についてご説明します

ありえない!悪徳業者の被害

悪徳業者と呼ばれる業者はあなたの身近なところにもあるかもしれません!そんな悪徳業者の被害例をまとめてみました。

■しつこい迷惑電話
■買取代金の未払い
■高額な出張費の請求(出張査定)
■査定額を振込時に下げられる
■名義変更しないまま事故を起こす
■売却後の修理代の請求
■買取不成立の際の手数料の請求

どうですか?「ありえない!」と思った方も少なくないと思いますが、これが実際に悪徳業者の被害例(ほんの一部)です。

中には売却・引き渡し後に名義変更をしないまま業者が事故を起こしてしまいトラブルに巻き込まれてしまったという方もいらっしゃるそうです。

悪徳業者の被害に遭わないための注意点

ネットで「トラックの超高価買取!」などの文句で利用者を集めている業者があったとしても安易に利用するのはやめましょう。

まずは、そのトラック買取業者の運営会社ついて調べてみましょう。運営会社の所在地・代表者名などしっかり調べて怪しいところがないか確認しましょう。

またネットなどでその業者の口コミなどを検索してみるのもいいでしょう。ヤフー知恵袋などを使って「〇〇というトラック買取業者を利用しようと思いますが・・・」など、第三者の意見を聞いてみるのも参考になります。

最近はインターネットの急速な普及で情報を得る手段はいくらでもありますので利用する前に必ず確認しましょう。当サイトでご紹介している優良トラック買取業者でしたら買取実績はもちろん、サービス・書類手続き・買取代金の支払いスピードなどすべてにおいて満足できるはずです。

▶▶優良トラック買取業者ランキング

トラック売却 必要書類一覧

トラックを売却する場合いくつか必要な書類があります。売却前に必要な書類をチェックしておくことでスムーズにトラックを売却することができますので、トラックを売却する予定のある方はチェックしておきましょう。

トラック売却に以下の書類が必要です。

■自動車検査証(車検証)
■自動車賠償責任保険証明書
■自動車税納税証明書

■印鑑登録証明書
■譲渡証明書
■委任状

自動車検査証

自動車検査証は自動車(トラック)が保安基準に適合していることを証明する書類で、初年度登録・車検期日・車両重量・車両総重量・乗車定員など、その自動車に関する情報が記載されています。

ほとんどの方が、ダッシュボードに保管していると思いますので確認しておきましょう。

自動車賠償責任保険証明書

自動車賠償責任保険証明書は、自動車(トラック)の所有者が必ず加入しなければならない保険で、対人にのみ保証をする保険で対物やドライバー自身のケガに関しては保証の対象とはなりません。あくまで任意保険の補助的な保険です。

自動車賠償責任保険証明書も、自動車検査証と一緒に車検証ケースに入れてダッシュボードに保管している方がほとんどだと思いますので確認しておきましょう。

※自動車賠償責任保険は加入が義務づけられている保険です。未加入の場合ですが違反点数6点・1年以内の懲役または50万円以下の罰金と非常に厳しい罰則が設けられています。

また加入しているものの、自動車に積んでいないだけでなんと30万円以下の罰金と定められていますので、保険を使用するなどして自動車から自動車賠償責任保険証明書を持ち出した場合は使用後に必ず車載しておきましょう。

自動車税納税証明書

5月に支払う自動車税を支払った証明書です。

自動車税を納付後、自動車検査証・自動車賠償責任保険証明書と一緒にダッシュボードに保管している方が多いと思いますが、別の場所に保管している方は確認しておきましょう。

もし、紛失してしまった場合は、お住まいの地域を管轄している都道府県税事務所で再発行ができますので再発行しておきましょう。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書は、譲渡証明書・委任状に捺印された印鑑が実印であることを証明するために必要で、発行から3か月以内のモノが必要となりますのでご注意ください。

印鑑登録証明書は、お住まいの地域を管轄する市区町村役場で発行することができます。手数料がかかります。

譲渡証明書

売買や譲渡で自動車(トラック)の所有者が変わる場合に、その譲渡がいつ、誰に行われたかを証明する書類です。

買取業者などに売却する場合は、実印を捺印するだけでいいことが多いようですが、記入する場合は黒のボールペンを使用して、誤字は旧使用者(譲り渡す人)の捺印での訂正しか認められませんので注意が必要です。

委任状

委任状はあなたがトラックを売却した場合、あなたに代わって業者が名義変更手続きを行ってくれるケースがほとんどですが、名義変更手続きを業者に任せることを証明する書類です。

業者側で名義変更を行ってもらう場合は、旧所有者、つまりあなたのモノが必要で実印を捺印しておく必要があります。

※委任状は下記よりダウンロードできます
▶▶委任状 ダウンロード

所有者があなた以外の場合

売却する車両の所有者が販売店やローン会社の場合、所有権の解除をする必要があるため以下の書類が必要ですので、所有者(販売店・ローン会社)に問い合わせてみましょう。

■所有者の印鑑証明書
■所有者の譲渡証明書
■所有者の委任状

車検証に記載されている住所が引越等で変更になっている場合

引越をして現在、自動車検査証に記載されている住所と異なる場合には、引越の回数に応じて必要になる書類があります。

引越が1回の場合
■売却する車両の所有者が個人の場合は住民票
■売却する車両の所有者が法人の場合は登記簿謄本(全部事項証明書)
引越が2回以上の場合
または本籍を移籍している場合
■売却する車両の所有者が個人の場合は戸籍の附表
■売却する車両の所有者が法人の場合は登記簿謄本(全部事項証明書)

所有者が亡くなっている場合

売却する車両の所有者が亡くなってしまっている場合は、以下の書類が必要になります。

■亡くなった方の原戸籍(本籍地の市区町村役場)
■遺産分割協議書
※車両を相続される方の実印の押印が必要
■車を相続される方の以下の書類
(印鑑登録証明書・委任状・譲渡証明書)
※相続される方は亡くなった方と血縁関係である必要あり
■亡くなった方の全部事項証明書
(本籍地の市区町村役場)
※家族構成によって準備する書類が異なるため売却する業者に要問合せ

売却する車両が抹消済みの場合

売却する車両がすでに抹消されている場合は以下の書類が必要です。

■登録識別情報等通知書
■譲渡証明書
■リサイクル券

トラック売却に必要な書類まとめ

トラックの売却に必要な書類はトラックの形状によって、別途準備しなければならない書類がある場合もあります。売却する車両がクレーンやタンクローリーの場合などは売却する業者に問い合わせてみましょう。

売却するかしないかは別として売却に必要な書類を把握しておくと、いざ売却する際に取引がスムーズに進みます。