必見!ローン返済中のトラックを高く売る方法!

トラックの豆知識

トラックは普通車と違って高額な車ですので、ディーラーで新車のトラックを購入する場合は、ローンを利用してトラックを購入している方も多いと思います。

そいった方の中にはローン返済中でも何か事情がありトラックを売却することになり以下のように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

  • ローン返済中だけど売却することはできるのかなあ?
  • ローン返済中のトラックでも業者は買取してくれるのだろうか?
  • ローンの残債はどうなるの?
  • 新たにトラックを購入する場合二重にローンを返済するの?

▶▶▶ローン中のトラックを高くる方法!

結論から申し上げてローン返済中のトラックでも買取してもらえます。

ローン返済中にもかかわらずトラックを売却することとなったということは、少しでもトラックを高く売り、多くの現金を手に入れる方が良いかと思いますので、このページではローン返済中のトラックを出来るだけ高額で売る方法についてご説明します。

まず、あなたは以下のどちらに該当するか選んでください。

  • ローンは返済し続け、現金を受け取る
  • 売却代金をローンの返済に充てる

▶▶▶ローン中のトラックを高くる方法!

ローンは継続して返済し現金を受け取りたい場合

とりあえず現金が必要で、ローンは継続して返済する場合、まずトラックの車検証の「所有者の氏名又は名称」の欄が誰のものになっているか確認しましょう。

トラックの所有者があなた自身になっている場合は問題ありませんが、ディーラーでトラックを購入した際にディーラーでローンを組んでいる場合は、所有者がディーラーもしくは信販会社になっていることがほとんどです。

この場合は、トラックの所有者があなたではありませんのでトラックを売却しても売却代金を受け取ることができず、売却代金をローンの残債に充当する必要があります。

どうしても現金が必要な場合

トラックの名義がディーラーや信販会社ではあるが、事情がありどうしても現金を受け取りたい場合は、信販会社から銀行や労金等にローンの借り換えをしてトラックの所有権を解除しトラックの名義変更をする必要があります。

基本的に銀行や労金の場合、トラックの所有権が金融機関になることはないので、トラックの所有者はあなたになります。

ローンの借り換えをして信販会社に新たなローンを組んだ金融機関から残債の一括返済を行うことでトラックの所有権は解除されます。(※信販会社もしくはディーラーから所有権解除の書類を準備してもらい名義変更をする必要があります)

無事、トラックの所有者があなたになればローンの返済義務は継続して残りますが、売却代金を受け取ることができます。

売却代金をローンの返済に充てる場合

トラックを売却して、その買取代金を現在返済中のローンの返済に充てる場合、特にトラックの名義人が誰であるかは問題ではありませんのでトラックを出来るだけ高く売りましょう。

ただ、ローンの残債が300万円あるにもかかわらず、トラックが200万円でしか売れない場合はローンを差額を一括返済するか、ローンを組み直す必要がありますので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました